中央大橋 (ちゅうおうおおはし 隅田川・東京都中央区) Back to List Back to Home

(最終更新日:2002/9/2)

 東京都中央区は新川と佃島を結ぶ斜張橋。主桁が上流に向かって緩やかにカーブした曲線橋である。中央支柱は兜をモチーフとしたという角を持ち、付近からもランドマークとしてよく見える。1993(平成5年)完成で隅田川にかかる橋としては新しい部類にはいる。歩道にも十分な幅がとられており、隅田川の他の橋と比べて、歩行者からみた圧迫感が少ないと感じた。

 佃島の高層マンション群と両岸の親水デッキと併せて、たいへん近代的に整備された景観をみせている。この写真を撮りに行った日は日曜日で、橋の上をのんびり散歩する人や、橋のすぐ脇の川岸で酒宴をする人達の姿もみられ、橋を中心としたコミュニティスペースになっているように思われた。

 中央橋脚の上流側には、セーヌ川と隅田川の友好河川提携を記念して贈られた「メッセンジャー」像が設置されている。ただ、川上からの視点で設置されているのか橋のバルコニーからではその後ろ姿しか見えない(なお、像の脇の説明版には、正面から見た像の絵が描かれている)。

諸元(1)
橋長 210.7 m
最大支間 138.1 m
幅員 24.0 m

参考文献
(1) 日本橋梁建設協会、日本の橋

figure01
図-1:全景

figure02
図-2:塔の頂上

figure03
図-3:中央橋脚

figure04
図-4:腹面

figure05
図-5:橋上の様子

  Page Top Back to List Back to Home
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO