亀甲橋 (きこうばし 笛吹川・山梨県山梨市) Back to List Back to Home

(最終更新日:2003/3/1)

 山梨市の万力公園から少しばかり北へ、笛吹川と山に挟まれた道路を抜けると、銀色の3連アーチが見えてくる。

 1933(昭和8)年架設のタイドアーチ橋で、支間33.58m(1)。支承は3径間とも、左岸側がピン支承、右岸側がピンローラー支承(図-2,3)。鋼橋であるが、石製の親柱がきちんと設置されている(図-4)。橋の意匠に親柱が重要であったことをうかがわせる。

 上流側に「亀甲橋歩道橋」が併設されている(鋼桁橋、昭和60年5月竣工)(図-6)。ちなみに、橋名板をみると、こちらは「きこうばしほどうきょう」となっている。

参考文献
(1) 土木学会、日本の近代土木遺産

figure01
図-1:全景。

figure02
図-2:側面。

figure03
図-3:支承。

figure04
図-4:親柱。

figure05
図-5:部材の様子。

figure06
図-6:歩道橋が並置。

  Page Top Back to List Back to Home
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO