千住大橋  (せんじゅおおはし 隅田川・東京都荒川区、足立区) Back to List Back to Home

(最終更新日:2002/01/05)

 隅田川に最初に架けられた橋で、徳川家康が1594(文禄3)年につくらせたのが始まりだという。現在の橋は、今では現存数の少なくなったブレースドリブタイドアーチ橋。国道4号(日光街道)は交通量も多く、平行して1973年に箱桁橋が架けられ、こちらが上り線を受け持つようになっている。

諸元(1)
形式 下路ブレースドリブタイドアーチ
橋長 91.676 m
幅員 19.350 m(車道5.825 m×2+歩道3.850 m×2)
竣工 1927(昭和2)年

参考文献 (1) 成瀬輝男編、鉄の橋百選

 

figure01
図-1:正面(右岸側)。

figure02
図-2:右岸側から。

figure03
図-3:上部構造。

figure04
図-4:上り線からアーチ部分を望む。

figure05
図-5:親柱。

  Page Top Back to List Back to Home
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO