観音橋  (かんのんばし 高瀬川・長野県大町市) Back to List Back to Home

(最終更新日:2001/12/15)

 北アルプスを背後に、高瀬川にかかる7連のコンクリートアーチ。

 橋の幅員は小さく自動車の対向が出来ない。そのため、4連目の径間で少し幅員を大きくしてあり、ここですれ違い出来るようにしている。歩行者や自転車の交通を確保するために下流側に歩行者専用橋(鋼桁橋、昭和58年6月竣工)が架設されている。

 左岸の門柱は車にぶつけられたのか破損し、銘板も失くなっていた。右岸の門柱には銘板が残っており、昭和31年3月31日の竣工であることがわかる。

◎追記(2001/12/15)
 2001年11月に訪れたときには、上流に橋脚が立ち並んでいた(図-5)。地元の人に聞いたところでは、新橋を建設中とのこと。

figure01
図-1:右岸から。

figure02
図-2:左岸から。

figure03
図-3:4連目径間。

figure04
図-4:支承。

figure05
図-5:上流側には新橋が建設中。

  Page Top Back to List Back to Home
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO